メインメニュー

妊娠は女性と男性の共同作業。

ご存知ですか?原因の48%は男性側

日本では年間に約120万人にあかちゃんが誕生しています。その一方で2年間夫婦生活を営んでも妊娠しない夫婦もいます。昔は「不妊は女性だけに原因がある」といわれていましたが、医学の進歩に伴って原因は男女ともに多岐に至ることがわかってきました。

WHO(世界保健機構)による、不妊症カップル7273組の調査によると不妊原因の24%が「男性のみ」で、「男女両方」を合わせると、約半数のケースは男性側にあることがわかりました。

男性不妊の原因は?
精子の数が少ない・運動率が悪い
性欲減退・射精障害・勃起障害
通り道の障害

男性対応すれば女性の負担は軽くなる!

不妊治療は、一般にタイミング療法から人工授精、体外受精と“ステップアップ”していきますが、男性側の問題を解決できれば、女性は体外受精のために卵巣刺激や採卵といった負担のかかる治療を受けずに済むかもしれません。

男性の精液所見(精子数、運動率などの検査結果)が低いと判明しても、男性はプライドもあるし、ナイーブなので、治療に躊躇したり、またそれ以前に検査を受けることも抵抗があるという男性も多いようです。

しかし、妊娠するためには、「元気な精子」がとても大切になってきます。女性がどれだけ頑張っても、男性に「元気な精子」と「精液」と「届けるチカラ」がなければ妊娠は難しいのです。

男性がきちんと対応する事で女性の負担が軽くなるばかりか念願のあかちゃんに恵まれる可能性も生まれます。

SODが精子を酸化ストレスから守る!

活性酸素が増加すると、精子の運動率や機能を低下させたり、精子のDNAを損傷させ、精子をつくる働きや受精能力の低下に関与している等の報告があります。

精子には酸化されやすい不飽和脂肪酸が多く含まれているにもかかわらず、活性酸素を消去する酵素をを少ししかもっていないことから、活性酸素の攻撃を受けやすい宿命的な理由があるようです。

活性酸素を減少してくれるのが「スーパーオキシド消去活性(SOD)」多くの精子を元気に形成させる率を高めるために酸化ストレスを減らしましょう!

Lシトルリン・Lアルギニンが必要な一酸化窒素を産生

加齢や生活習慣の影響で血管が詰まりやすくなると十分な血液が届かなくなります。
アミノ酸のLシトルリンやLアルギニンは一酸化窒素を生成して物理的に男性の悩みをサポートします。

カートを見る
会員ページへログイン
お得な会員登録はコチラ

会員情報の確認・変更、会員ID・パスワードを忘れた場合、定期コースお届け状況など各種操作については下記URLをご確認ください。
会員専用ページ(マイページ)での各種操作方法

カレンダー
  • 今日
  • お休み

■ネットでのご注文・お問い合わせを365日24時間承ることができます。
※土曜日、日祝祭日はお休みを頂いております、お問合せ・ご注文対応・商品発送業務は翌営業日の対応となりますので、ご了承下さい。
■お電話での対応は、平日は10時~18時まで、土曜・日曜・祝日は12時~17時までの受付となります。

ページトップへ