妊活サプリ

コエンザイムQ10とミトコンドリア

━卵子とコエンザイムQ10━

コエンザイムQ10と妊活サプリの関係とは

コエンザイムQ10は数年前に美容に良い成分として化粧品やサプリメントで流行ったのでその名前を知っている人も多いと思います。

ビタミンQとか、ユビキノンとも呼ばれますが、脂溶性(油で溶ける)の栄養成分で、たんぱく質や糖質、脂質の代謝によってエネルギーの産生をします。

卵子や精子の細胞の中にあるミトコンドリアの活動エネルギーもコエンザイムQ10が関係しています。

━妊活に大切な栄養

コエンザイムQ10は卵子のミトコンドリア老化に役立つ

卵子や精子のなかにはミトコンドリアという小器官があり、活動のエネルギーをつくっていることは妊活中の方なら聞いたことはあると思います。

そのエネルギーを産生する時にも活性酸素が発生するので、卵子も精子も酸化してしまいます。

10代や20代の頃は体内にコエンザイムQ10が、たくさん存在するので抗酸化作用が働きやすくなります。

30代以上になると、体内のコエンザイムQ10が不足するので、抗酸化作用も低下して卵子や精子の酸化が加速していきます。

卵子や精子の老化スピードを抑えるためにも20代後半から30代にかけて妊活を考える時には、コエンザイムQ10を意識する必要が高くなります。

コエンザイムQ10は、鰯やいか・マグロなどからも摂れますが、不足しがちなため、サプリメントで摂取する方が増えています。

ただ市販されている一般的なコエンザイムQ10のサプリメントは脂溶性のため、油と一緒に摂らないと吸収されにくいという問題点がありまます。

最近では、日清ファルマが微粒化技術で吸収性を高めた水溶性のコエンザイムQ10も開発されています。

コエンザイムQ10を効率的に使うためには、油分と一緒に摂取するか、水溶性コエンザイムQ10を選ぶか検討する必要があります。

━卵子のミトコンドリアを活性化する-

コエンザイムQ10 葉酸は妊活中に積極的に摂りたい栄養

卵子のミトコンドリアを活性化するには、コエンザイムQ10の摂取だけでなく、バランスのよい食事、適度な運動、十分な睡眠といった基本的な生活習慣の改善が大切です。

また、ミトコンドリアは、体温が37度の時が一番働く、という研究結果があることがわかっていますので、からだを冷やしたり、血行不良は大敵です。

不妊治療を専門にしているドクターの中には、妊娠と食生活はあまり関係ないという考えの方も多いのですが、コエンザイムQ10は必要だと言います。

もちろん、コエンザイムQ10さえ補充すれば妊娠するという魔法の栄養成分ではありませんが、妊活にとても大切な栄養成分ですので、積極的に摂りたい成分の1つです。

━カルニチンやビタミンも一緒に-

妊活は栄養バランスが大切

-妊活中に積極的に摂りたい栄養成分

妊娠を考えた時、まず思い浮かぶのは「葉酸」という方も多いです。

葉酸は2000年に厚生労働省が全国の医師会に「妊娠可能な女性」への積極的な摂取を呼びかけたこと、赤ちゃんの脳の発育や神経をつくる働きがある成分なので、妊娠したときの事を考えて妊活中から摂ることも大切です。

その他にも、ミトコンドリアに栄養を運ぶL-カルニチン、妊娠ビタミンとも言われるビタミンE、葉酸の働きを助けるビタミンB群、鉄や亜鉛、そして体の土台をつくるたんぱく質も積極的に摂りたい栄養成分です。

━添加物のこと━

葉酸サプリの添加物とは

妊活中に摂るサプリメントは赤ちゃんの栄養にもなる素なので添加物に関しても気になるという方も多いと思います。

現在、日本の法律では400種類以上が食品添加物として認められています。 食品やサプリメントの製造工程で、加工したり、保存したり、味をつけたりといった目的で使用される調味料、保存料、着色料などをまとめて食品添加物としていますので、ちょっと分かりにくいですね。

安全性とその有効性を科学的に評価し、厚生労働大臣が認めたものだけが食品添加物として使用できるように決められていますので、基本的には安全なものではあるのですが、赤ちゃんのために摂るサプリメントなので、必要最低限、不要な添加物は無い方が良いと考えるのが一般的でしょうか。

市販の亜鉛サプリで使用されている添加物には、サプリメントの錠剤を適切な大きさ、形を整えるために使われる添加物であるセルロース、ステアリン酸カルシウム、アカシアガムといったものや、還元パラチノース、還元麦芽糖水飴など錠剤に甘みを与える甘味料が使用されているものが多いようです。

━栄養成分表示をしっかり確認━

葉酸配合の妊活サプリを選ぶ時には栄養成分表示をしっかり確認

現在の法律では、サプリメントに関して全ての栄養成分を表示する義務がないため、原材料やパンフレット、WEBサイトの表示やイメージなどから判断せざるを得ないことがあります。

必ず表示しなければいけない事項は、カロリー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム(食塩相当量)なので、ビタミンやアミノ酸、ミネラルなどの配合量、含有量は各メーカーの自主性ということなります。

亜鉛サプリや妊活サプリの中でも、栄養成分を公開している製品と公開していない製品があります。公開していないからダメということではありませんが、どんな栄養が摂取できるのかといった事はサプリメントを摂るうえで、とても大切な事です。

サプリメントを選ぶ際には、原材料や添加物、一歩進んで、その製品でどれだけの栄養成分を摂れるのかもポイントになるのではないかと思います。

最後になりましたが、青汁タイプの妊活サプリ「大人の青汁」は超微粒化技術で吸収性をこれまでの還元型コエンザイムより最大3倍高い水溶化コエンザイムを1日分2袋に60mg配合しております。

大人の青汁は吸収性を3倍に高めた水溶化コエンザイムQ10を採用

※1 食事摂取時の従来のコエンザイムQ10と水溶化コエンザイムQ10の吸収曲線下の面積で比較した場合

そして、コエンザイムQ10と一緒に摂取したいL-カルニチンやビタミン・アミノ酸など39種の成分をしっかり配合。しかも、砂糖・甘味料・着色料・合成保存料・増粘剤・香料も無添加で、栄養成分分析の数値も公開しておりますので、ご確認いただければ嬉しいです♪

ページトップへ