不妊の原因と対策

妊娠しやすくするには

妊娠しやすくするには?

妊活で赤ちゃん

不妊治療と妊活の違い

妊活や不妊治療という言葉は、テレビや雑誌でも取り上げられることも多くなりました。

妊娠を希望する方にとって興味深いテーマです。妊活と不妊治療と妊活は似ていて共通する面もありますが、大きく違う点もあるのでちょっと整理することから始めたいと思います。

妊活は、「妊娠の知識を身につけること、夫婦ともに、心身の健康状況を把握し、妊娠しやすくするための体作りや生活スタイルを整えること」であるといえます。

一方で、不妊治療とは、不妊の夫婦が、医療機関で薬や高度生殖医療技術で妊娠にむけて治療行為を行うことであるといえます。

どちらも妊娠する、出産するという目的は同じですので、混合しがちですし、特に男性は妊娠や女性の体についてよく知らないという方も多く、いつでも妊活すれば赤ちゃんを授かることが可能だと思っている男性も少なくありません。

できれば人工授精や体外受精といった医療機関にかからず自然に妊娠したいと思いながら、現代社会は、女性の社会進出、働き方改革、その他、晩婚化などによって出産する方の年齢は上がっていきます。

自然に妊娠できる確率は年齢と共に低くなり、特に35歳頃を過ぎると急激に妊娠する確率が低くなり、妊娠した場合も流産や赤ちゃんへの影響も増加します。

だから、妊娠を目指す夫婦は、早く、妊活や検査を受けることが奨められてます。これは、妊娠、出産を希望している女性だけでなく、男性も同じです。今回は、「妊娠しやすくする」ということで様々な事項を男性編・女性編・夫婦で一緒に編と分けて紹介していきたいと思います。

妊活も不妊治療も出来るだけ早めに

現在、第1子を出産した女性の5人に1人が35歳以上だといわれています。

晩婚化の影響ともいえますが、結婚に年齢の制限はありませんし、ライフスタイルの変化や社会状況もあります。

しかし、年齢が高くなるという事は卵子も老化していき、流産などリスク要因の確率も年齢と共に急激に上昇します。ダウン症などの染色体異常児が生まれる可能性や、胎児や母体に影響のある病気にかかりやすくなるなども高くなります。

妊娠、出産のリスクは年齢と共に高くなるのことがわかり、出来るだけ早く妊活に取り組む必要がある、場合によっては病院での検査が必要かも?と考える女性も増えてきました。

胎児への影響ということでは、「葉酸」が必要ということで、妊活=葉酸というイメージを持っている方も多いのですが、妊活=葉酸ではありません。

葉酸も胎児への健康という意味では大切ですが妊娠しやすいカラダつくりを忘れてはいけません。

自然妊娠を希望するのであれば、夫婦の排卵日前後の性行為も大切です。

妊活というのは、個々によって取り組む内容、不足しがちな栄養、環境が異なりますので、一概には言えない面もありますが、妊娠やすい体つくりという事は共通であると言えます。

女性だけでなく、男性も、また、妊娠は夫婦の共同作業でもありますので、

ページトップへ